開発会社選び

営業と技術者の空気感に注意しよう

営業と技術者の空気感に注意しよう

システムの外注先とブレストや打ち合わせを行う時、営業担当と技術担当がペアで来る事がよく有ります。

営業は契約、納期、お金の話しをする人で、技術担当は技術的な見地から意見を言う人、彼らがチームで来るのは理に適っていることの様に思えます。

しかし多くの場合喋るのは営業担当の方ばかり、技術の方は目も合わせずにずっとノートパソコンを叩いている・・・

何か変だけどこれって普通なのかな?肝心のシステムを作るのは技術者なの方なのに・・・と感じるでしょう。

こう言ったコンビがやって来た場合、その会社から提示される見積額が高くなる傾向にあるか、見積もり自体は低くても、成果物のクォリティが低くなるリスクを想定してください。

よく技術者はコミュニケーションが下手なので営業がそこをカバーしていると解説されますが、今時コミュニケーションの取れない技術者と言うのはよほど突き抜けたスキルが無い場合雇われません。

根底にあるのは単純な人間関係と信頼関係の不足です。

考えてみれば営業の目的は「高い見積額を引き出す事」、もしくは「仕事自体を取る事」であるのに対し、技術者の目的は「効率的且つ効果的なコーディングをする事」、もしくは「無理難題な仕事は引き受けない事」にあります。

実はこれらの方向性は反対を向いています。

「効率的且つ効果的なコーディング」は工数の削減になるので「高い見積額」は引き出せなくなります。また「無理難題な仕事は引き受けない」となると今度は仕事自体が取れなくなってしまいます。

その溝を上手く埋めながら最適な妥協点を導き出すのには、良好な人間関係が欠かせず、「会話が無い」「目を合わせない」と言うのは最悪の状態です。

よって打ち合わせ時にこう言った空気を感じた場合、基本的にこの外注先は敬遠する事をお勧めしますが、予算や納期の関係も有りどうしても選定せざるを得ないとなった場合には、クライアントもお客様然として構えるのではなく、積極的に提案をしつつチームの一員として一緒にプロジェクトを成功させていくと言う気構えが必要です。

しかしそのためにはやはり、技術的見地を持った人材をクライアント側にも用意しておく事が大切なポイントになるでしょう。

見積もりカッターはシステム開発やwebサイトを外注した時に見積もり価格の圧縮交渉を行う完全成功報酬型サービスです。
見積もりカッターはシステム開発やwebサイトを外注した時に見積もり価格の圧縮交渉を行う完全成功報酬型サービスです。